pagetop

お知らせ

トップお知らせ一覧 オンライン被ばく講話の開催
その他
オンライン被ばく講話の開催

930日(水)、小倉桂子さんによるオンライン被ばく講話を開催しました(主催:HIROSHIMA & PEACEプログラム 共催:広島平和資料館)。

オーストラリア、ドイツ、ニュージーランド、ブラジル、ルワンダ、コンゴ民主共和国など12か国から大学生・教員30人が集まり、小倉さんの講話に静かに耳を傾けました。講話後はブラジル、ルワンダ、コンゴ民主共和国の参加者から「近年の国際情勢の悪化についてどう思うか」、「どのようなきっかけで講話を始めたのか」、「若者はどうすればよいのか」といった質問が投げかけられ、活発な質疑応答が行われました。

HIROSHIMA & PEACEは、2003年から毎年開催されている英語による夏季講座です。世界各地から学生が集まり、「ヒロシマ」と「平和」について学び・ディスカッションを行います。2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ中止せざるをえませんでしたが、何かできないかとプログラム内で検討し、今回の講話が実現しました。

H&Pウェブサイトは、こちらをご覧ください(英語のみ)。

https://www.hiroshima-cu.ac.jp/hiroshima_and_peace/

写真① 写真②

pagetop