pagetop

主要研究業績

トップ 大学院 主要研究業績

国際関係研究群

大庭千恵子

大庭千恵子(2017)「マケドニア共和国」月村太郎編『解体後のユーゴスラヴィア』晃洋書房、pp. 158-187。

大庭千恵子(2016)「旧ユーゴスラヴィア・マケドニア共和国における教育改革と非多数派コミュニティ(1991-2015)」『広島国際研究』第22巻、pp. 38-59。

金栄鎬

金栄鎬(2017)「韓国における北朝鮮認識、台湾における中国認識―内政対立と分断・分裂体認識の対応の比較」『広島国際研究』第23巻、pp. 1-22。

金栄鎬(2014)「韓国の政権交代と対日政策―日韓65年体制からみた連続と変化」『国際政治』第177巻、pp. 42-56。

永井均

Hitoshi Nagai (2018) “Burdened by the ‘Shadow of War’: Justice Jaranilla and the Tokyo Trial,” in Kerstin von Lingen, ed., Transcultural Justice at the Tokyo Tribunal: The Allied Struggle for Justice, 1946-48. Brill. pp. 202-220.

永井均(2013)『フィリピンBC級戦犯裁判』講談社。

水本和実

水本和実(2018)「生物・化学兵器と旧日本軍の毒ガス兵器」広島平和研究所編『戦争の非人道性―その裁きと戦後処理の諸問題』広島平和研究所、pp. 143-164。

水本和実(2009)『核は廃絶できるか―核拡散10年の動向と論調』法律文化社。

吉田晴彦

吉田晴彦(2017)「国際援助という問題」中村都編『新版 国際関係論へのファーストステップ』法律文化社、pp. 21-29。

吉田晴彦(2014)「国際社会規範としての福祉―国際政治・平和研究から見た福祉論の再検討」広島市立大学国際学部 国際政治・平和フォーラム編『世界の眺めかた―理論と地域から見る国際関係』千倉書房、pp. 38-60。

湯浅剛

湯浅剛(2017)「ポスト・ソ連空間と周辺世界」松戸清裕その他編『ロシア革命とソ連の世紀3:冷戦と平和共存』岩波書店、pp. 279-302。

湯浅剛(2015)『現代中央アジアの国際政治―ロシア・米欧・中国の介入と新独立国の自立』明石書店。

飯島典子

飯島典子(2016)「第二次世界大戦下に於けるマレーシア・サラワク華人女性の服装―戦時下の女性を表す無言の言語」『アジア文化』第33巻、pp. 28-35。

飯島典子(2006)『近代客家社会の形成―「他称」と「自称」のはざまで』風響社。

板谷大世

板谷大世(2018)「シンガポールの政治的安定と統治制度―立法・行政評議会改革を中心に」広島市立大学国際学部<際>研究フォーラム編『<際>からの探求―国際研究の多様性』文眞堂、pp. 1-39。

板谷大世(2014)「シンガポールの内政自治権獲得と2つのコンスティチューション―1958年シンガポール国憲法の制定と人民行動党党規約改正が果たした役割」『世界の眺めかた―理論と地域からみる国際関係』千倉書房、pp. 199-222。

倉科一希

倉科一希(2015)「米欧関係とアメリカの核―核兵器共有とドイツ問題」『アメリカ史研究』第38号、pp. 3-21。

倉科一希(2008)『アイゼンハワー政権と西ドイツ―同盟政策としての東西軍備管理交渉』ミネルヴァ書房。

徐顕芬

徐顕芬(2011)『日本の対中ODA外交―利益・パワー・価値のダイナミズム』勁草書房。

松村史紀・森川裕二・徐顕芬編(2012)『東アジアにおける二つの「戦後」』国際書院。

孫賢鎮

孫賢鎮(2018)「北東アジア平和協力構想(NAPCI)の可能性と今後の展望」鈴木達二郎その他編『核の脅威にどう対処すべきか―北東アジアの非核化と安全保障』法律文化社、pp. 103-113。

孫賢鎮(2017)「北朝鮮の脱北者の法的地位―国際法の観点から」『広島平和研究』第4巻、pp. 35-56。

西田竜也

西田竜也(2017)「欧州防衛共同体(EDC)の意義と限界―集団防衛同盟の観点から」『広島国際研究』第23巻、pp. 23-42。

西田竜也(2017)「同盟理論からみた日米同盟」『法学新報』第123巻第7号、pp. 181-209。

古澤嘉朗

古澤嘉朗(2013)「『平和への課題』以降の平和構築研究の歩み」広瀬佳一その他編『平和構築へのアプローチ』吉田書店、pp. 35-48。

古澤嘉朗(2013)「国家建設と非国家主体―ケニアのコミュニティ宣言が示唆する国家像」『国際政治』第174号、pp. 41-53。

斎藤祥平

Shohei Saito (2017) “Crossing Perspectives in Manchukuo: Russian Eurasianism and Japanese Pan-Asianism,” Jahrbücher für Geschichte Osteuropas, Vol. 65, No. 4, pp. 597-623.

斎藤祥平(2013)「ユーラシア主義と民族の『起源』問題―1930年代後半のH・C・トルベツコイの著作とその受容をめぐる一考察」『ロシア史研究』第92巻、pp. 43-66。

公共政策研究群

井上泰浩

井上泰浩(2018)『アメリカの原爆神話と情報操作―「広島」を歪めたNYタイムズ記者とハーヴァード学長』朝日新聞出版。

井上泰浩(2017)『世界を変えたアメリカ大統領演説』講談社。

太田育子

太田育子(2014)「人権から考える3.11原発事故災害―『被爆を最大防護する権利』のために」広島市立大学国際学部国際政治・平和フォーラム編『世界の眺めかた―理論と地域から見る国際関係』千倉書房、pp. 61-94。

Ikuko Ota (2013) “Moving Uphill Alone to Live: Implications of the 1996 ICJ Advisory Opinion in the Post-3/11 World,” in HCU 311 Forum, ed., Japan’s 3/11 Disaster as Seen from Hiroshima. Soeisha. pp.147-175.

金谷信子

金谷信子(2015)「高齢社会と社会保障」松永佳甫編『公共経営学入門』大阪大学出版会、pp. 221-238。

金谷信子(2007)『福祉のパブリック・プライベート・パートナーシップ』日本評論社。

ナラヤナン・ガネサン

Narayanan Ganesan (2018) “Singapore in 2017: Structural Changes and Political Challenges,” Asian Survey, Vol.58, No.1, pp. 188-193.

Narayanan Ganesan (2017) “Changing Dynamics in Myanmar's Peace Process and the Growing Role of China,” Asian Journal of Peacebuilding, Vol. 5, No.2, pp. 325-339.

高橋広雅

Junyi Shen and Hiromasa Takahashi (2017) “The Tangibility Effect of Paper Money and Coins in an Investment Experiment,” Economics and Business Letters, Vol. 6, No.1, pp. 1-5.

Takehiro Ito, Kazuhito Ogawa, Akihiro Suzuki, Hiromasa Takahashi, and Toru Takemoto (2016) “Contagion of Self-Interested Behavior: Evidence from Group Dictator Game Experiments,” German Economic Review, Vol. 17, No.4, pp. 425-437.

寺田英子

寺田英子(2015)「港湾経営のガバナンス」川崎芳一その他編『コンテナ港湾の運営と競争』成山書店堂、pp. 147-161, 175-177。

寺田英子(2016)「英国(イングランド)の地域交通計画の運用にみる地方分権の難しさ」『運輸と経済』第76巻第7号、pp. 94-102。

山口光明

山口光明(2013)「ネットワークを活用したウォーキング促進プログラムの開発と課題」『広島国際研究』第19巻、pp. 139-146。

山口光明(2009)「中高年の肥満予防を目指した身体活動プログラム」『広島体育学研究』第35巻、pp. 33-39。

卜部匡司

卜部匡司(2014)「『半日制』の伝統をもつ学校―ドイツ」二宮皓編『新版 世界の学校―教育制度から日常の学校風景まで』学事出版、pp. 14-24。

卜部匡司(2009)『ドイツにおける通信簿の歴史―システム論的機能分析』渓水社。

河上暁弘

河上暁弘(2012)『平和と市民自治の憲法理論』敬文堂。

河上暁弘(2006)『日本国憲法第9条成立の思想的淵源の研究―「戦争非合法化」論と日本国憲法の平和主義』専修大学出版局。

福井康人

福井康人(2015)『軍縮国際法の強化』信山社。

Yasuhito Fukui (2017) “CTBT: Legal Questions Arising from Its Non-Entry into Force Revisited,” Journal of Conflict and Security Law, Vol. 22, No. 2, pp. 183–200.

山根史博

浅野耕太・山根史博(2017)「生態系サービスの湧出の場としての農村の社会経済的価値」『農村計画学会誌』第36巻第1号、pp. 165-169。

山根史博(2015)「食品の放射能汚染に対する消費者のリスク認知と情報源への信頼」『品質』第45巻第2号、pp. 12-18。

目黒紀夫

目黒紀夫(2018)「『万能薬』ではなく『サプリ』として―ケニア南部に暮らすマサイにとっての観光の意味」『アフリカ研究』第92巻、pp. 83-94。

目黒紀夫(2014)『さまよえる「共存」とマサイ―ケニアの野生動物保全の現場から』新泉社。

経営政策研究群

李在鎬

李在鎬(2018)「ゴア技術展開型複合事業企業の国際戦略―オムロンの事例」広島市立大学国際学部<際>研究フォーラム編『<際>からの探求―国際研究の多様性』文眞堂、pp. 169-192。

李在鎬(2016)「韓国ドンヒオートによる軽自動車の組立―コスト削減と労務管理」塩地洋・中山健一郎編『自動車委託生産・開発のマネジメント』中央経済社、pp. 197-213。

ヌルハイザル・アザム・アリフ

Takashi Sakikawa, Kaushik Chaudhuri, and Nurhaizal Azam Arif (2017) “A Study on Management Practices and Manufacturing Performance in India and Malaysia,” Journal of Asia Business Studies, Vol. 11, No.3, pp. 278-295.

Raji Abdulwasiu, Nurhaizal Azam Arif and Muhammed Subhan (2016) “Impact Assessment of the Privatization Policy on the Nigerian Economy (1999-2015),” Asia Pacific Journal of Education, Arts and Sciences, Vol. 3, No. 2, pp.21-26.

井手吉成佳

井手吉成佳(2012)『ソフトウェア原価計算―定量的規模測定法による原価計算』創成社。

井手吉成佳(2008)「ソフトウェア原価計算におけるソフトウェア定量化手法」『会計プログレス』第9号、pp. 13-22。

城多努

城多努(2010)「ドイツにおける高等教育制度と大学の設置形態」国立大学財務・経営センター編『大学の設置形態に関する調査研究』国立大学財務・経営センター研究報告第13号、pp. 73-90。

城多努(2010)「目的積立金に関する分析―財源としての役割に着目して」国立大学財務・経営センター編『国立大学法人化後の経営・財務の実態に関する研究』国立大学財務・経営センター研究報告第12号、pp. 139-144。

高久賢也

Shigeto Kitano and Kenya Takaku (2018) “Capital Controls, Monetary Policy, and Balance Sheets in a Small Open Economy,” Economic Inquiry, Vol. 56, No. 2, pp. 859-874.

Shigeto Kitano and Kenya Takaku (2017) “Capital Controls and Financial Frictions in a Small Open Economy,” Open Economies Review, Vol. 28, No. 4, pp. 761-793.

寺井里沙

寺井里沙(2017)『国際債権契約と回避条項』信山社。

寺井里沙(2016)「販売店契約、仲立契約に付随する契約の最密接関連地について―ドイツ裁判例を題材として」『法学新報』第123巻第5・6号、pp. 609-634。

李玲

李玲(2017)「中国消費市場における消費者アニモシティと面子知覚の影響」広島市立大学国際学部<際>研究フォーラム編『<際>からの探求―つながりへの途』文眞堂、pp. 179-193。

李玲(2017)『中国人消費者の行動分析』文眞堂。

社会文化研究群

ウルリケ・ヴェール

Ulrike Wöhr (2016) “Reimagining Greenham, or the transnationality of the nation in activist women’s narratives in 1980s Japan,” in Clare Midgley, Alison Twells and Julie Carlier, eds., Women in Transnational History: Connecting the Local and the Global. Routledge. pp. 54-74.

Ulrike Wöhr (2014) “Gender and Citizenship in the Anti-nuclear Power Movement in 1970s Japan,” in Andrea Germer, Vera Mackie and Ulrike Wöhr, eds., Gender, Nation and State in Modern Japan. Routledge. pp. 230-254.

柿木伸之

柿木伸之(2015)『パット剝ギトッテシマッタ後の世界へ―ヒロシマを想起する思考』インパクト出版会。

柿木伸之(2014)『ベンヤミンの言語哲学―翻訳としての言語、想起からの歴史』平凡社。

ロバート・ジェイコブズ

Robert Jacobs (2017) “Hi-Roshimon: What we see when we look at Hiroshima,” in David Lowe, Cassandra Atherton and Alyson Miller, eds., The Unfinished Bomb: Shadows and Reflections. Lexington Books. pp. 185-197.

Robert Jacobs (2010) The Dragon’s Tail: Americans Face the Atomic Age. University of Massachusetts Press.

田川玄

田川玄(2016)「老いの祝福―南部エチオピアの牧畜民ボラナ社会の年齢体系」田川玄・慶田勝彦・花渕馨也編『老いの制度と力をめぐる民族誌』九州大学出版会、pp. 95-122。

田川玄(2016)「殺しと男性性―南部エチオピアのボラナ・オロモにおける『殺害者文化複合』」シンジルト・奥野克己編『動物殺しの民族誌』昭和堂、pp. 99-133。

直野章子

直野章子(2015)『原爆体験と戦後日本―記憶の形成と継承』岩波書店。

直野章子(2011)『被ばくと補償―広島、長崎、そして福島』平凡社新書。

湯浅正恵

湯浅正恵(2017)「リスク社会のシステム境界―東京電力福島第一原発事故の言説を事例としての一考察」広島市立大学国際学部<際>研究フォーラム編『<際>からの探求―つながりへの途』文眞堂、pp. 1-20。

Aya Kasai and Masae Yuasa (2016) “Out of the Shadow: A Collaborative Arts Performance for the Black Rain Hibakusha,” Journal of Applied Arts & Health, Vol. 7, No. 2, pp. 175-189.

竹本真希子

竹本真希子(2017)『ドイツの平和主義と平和運動―ヴァイマル共和国期から1980年代まで』 法律文化社。

竹本真希子(2016)「平和運動―東西対立を越えて」石田勇治・福永美和子編『想起の文化とグローバル市民社会』勉誠出版、pp. 337-356。

田浪亜央江

田浪亜央江(2018)「イギリス委任統治下のパレスチナにおけるスカウト運動」広島市立大学国際学部<際>研究フォーラム編『<際>からの探求―国際研究の多様性』文眞堂、pp. 40-61。

田浪亜央江(2008)『<不在者>たちのイスラエル―占領文化とパレスチナ』インパクト出版会。

吉江貴文

吉江貴文 (2012)「公証人帳簿と『書かれたもの』の力」染田秀藤・関雄二・網野徹哉編『アンデス世界―交渉と創造の力学』世界思想社、pp. 172-187。

吉江貴文 (2003)「先住民社会における文書循環プロセスの成立と土地所有制度への影響―20世紀前半のボリビアにおけるカシーケ法廷代理人運動の事例に基づいて」『民族學研究』第68巻第1号、pp. 23-43。

言語文化研究群

青木信之

渡辺智恵・青木信之(2011)「英語eラーニングの効果―TOEICの伸びからみた教材消化率、学習時間、不適切学習発生率」『広島国際研究』第17巻、pp. 105-119。

渡辺智恵・青木信之(2011)「英語eラーニング講座―市民とともに作り上げる生涯教育」『日本生涯教育学会論集』第32巻、pp. 143-152。

岩井千秋

Chiaki Iwai, et al. (2017) “The Influence of the Teaching English in English (TEE) Policy on English Education and Learners,” JACET Chugoku-Shikoku Chapter Research Bulletin, Vol.14, pp. 19-36.

岩井千秋(2010)「コミュニケーション能力育成のための方略指導」小嶋英夫・尾関直子・廣森友人編『成長する英語学習者―学習者要因と自律学習』大修館書店、pp. 104-132。

横山知幸

横山知幸(2017)「英文和訳において語順の違いを引き起こす語彙―単語、単語の品詞、文型における単語の機能」『広島国際研究』第23巻、pp. 121-136。

横山知幸(2017)「英文和訳と英日翻訳における言語的な『視点』の問題」広島市立大学国際学部<際>研究フォーラム編『<際>からの探求―つながりへの途』文眞堂、pp. 75-98。

渡辺智恵

Tomoe Watanabe (2017) “A Study on the Assessment of the Effects of an English e-learning Program: focusing on Task Completion Rates, Study Time and Improper Study,” Proceedings of IAC 2017 in Vienna, pp. 102-115.

渡辺智恵・青木信之(2011)「英語eラーニングの効果―TOEICの伸びからみた教材消化率、学習時間、不適切学習発生率」『広島国際研究』第17巻、pp. 105-119。

大場静枝

大場静枝(2017)「父と息子をつなぐ物語―『わが父の生涯』から『ムッシュー・ニコラ』へ」植田祐次編『近代フランス小説の誕生』水声社、pp. 103-126。

大場静枝(2017)「『バルザス=ブレイス』をめぐる一考察―18世紀後半から19世紀の民謡の位置づけ」『広島国際研究』第23巻、pp. 61-73。

ルーク・カーソン

Luke Carson (2018) “Teaching Internationally for Internationalization: Western Perspectives in an Eastern Context,” in Brad E. Bizzel, Rebecca Counts Kahila, and Patricia A. Talbot, eds., Cases on Global Competencies and Educational Diplomacy in International Settings. IGI Global. pp. 95-118.

Luke Carson (2017) “Second Language Use as a Threshold Concept: Reconceptualizing Language Learning Journeys,” International Journal of Education, Vol. 9, No. 9, pp. 34-43.

マイケル・ゴーマン

マイケル・ゴーマン(2017)「ポスト加速時代に生きるハックとジム―パオロ・バチガルピ小説におけるトウェインの痕跡」塩田弘その他編『エコクリティシズムの波を超えて―人新世の地球を生きる』音羽書房鶴見書店、pp. 259-274。

Michael Gorman (2017) “Rural Cosmopolitanism and Cultural Imperialism in Willa Cather’s One of Ours,” The Japanese Journal of American Studies, Vol. 28, pp. 61-81.

武藤彩加

武藤彩加(2015)『日本語の共感覚的比喩』ひつじ書房。

武藤彩加(2016)「日本語におけるテクスチャーを表すオノマトペ―スウェーデン語と英語、および韓国語と比較して」『Journal CAJLE』第17巻、pp. 64-86。

山口えり

山口えり(2018)「日本古代の国家と災害認識」新川登亀男編『日本古代史の方法と意義』勉誠出版、pp. 535-558。

山口えり(2017)「陰陽寮の三合歳算定法」『日本歴史』第833号、pp. 1-17。

原雅樹

原雅樹(2015)「機械仕掛けの馬車伝説―『ダーバヴィル家のテス』と偶然の飼いならし」『文化』第79巻第1・2号、pp. 94-113。

原雅樹(2014)「彷徨う記号、リトル・ファーザー・タイム―鉄道線路上のJude the Obscure」『英文学研究支部統合号』第6巻、pp. 71-79。

pagetop