pagetop

夏期集中講座「HIROSHIMA and PEACE」

トップ夏期集中講座「HIROSHIMA and PEACE」

夏期集中講座「HIROSHIMA and PEACE」

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2022年度はオンライン講座も開催しました。
2022年度のパンフレットはこちらです。

幅広い専門分野からの体系的学び

世界中から学生が集い、「ヒロシマ」と「平和」を学び語り合う講座が国際学部にあります。2003年に始まった夏期集中講座「HIROSHIMA and PEACE」(H&P)です。平和と非核について、国際政治学、歴史学、文学、メディア研究、社会学といった幅広い専門分野から学びます。また被爆証言を聞き、8月6日の平和記念式典に参加するといった被爆地広島ならではの体験を海外からの参加者と共有し、学びを深めていきます。そのため、この講座はすべて英語で行われます。

留学でも得がたい「H&Pの国際体験」

2003年に開講されて以来、合計50カ国・地域から700人以上の受講生が集まり、例年10カ国以上の学生が参加しています。またコロナ禍以前にはウェルカム・パーティやバーベキュー、花火といった学生主催のイベントを通じて交流を深めていました。2020年以降はオンライン方式も取り入れ、学内外から様々な有識者の方々をお招きしてオンライン講座や連続講義を開催しています。

広島の地で学び、語り合い、平和への意識を共有することは、海外研修や留学でも得ることができない貴重な国際体験となるでしょう。
本講座の詳細については、英語版のH&PページおよびH&Pインスタグラム公式アカウントをご覧ください。

pagetop