トップ  >  研究/教員紹介  >  教員と専門分野一覧  >  曾根 幹子

研究/教員紹介

教員と専門分野一覧

■氏名
曾根 幹子
ライン
■職名
教授
ライン
■専門分野
地域スポーツ、生涯スポーツ論
曾根 幹子

地域のスポーツ振興を担っている地域スポーツ組織・団体のマネジメントや、スポーツが地域に及ぼす影響、効果などに関する研究を中心に行っています。その他、ライフワークとして南米の日系移民からみたスポーツ交流史にも関心を持って調査を続けています。
’76年モントリオール五輪陸上競技・走高跳日本代表。

主たる担当授業科目

スポーツ文化経営論 本講義では、自分たちが見たり、聞いたり、経験してきたスポーツが社会や個人に果たす機能や役割に関して、スポーツ経営学の視点から学びます。
スポーツに関心のある学生大歓迎です。
講義は後期に開設されているので、サンフレッチェ広島の試合を観戦に行く場合もあります。

コミュニティスポーツ論機並膤惘ー業科目) コミュニティ形成に果たすスポーツの役割や機能に関して探っていきます。

コミュニティスポーツ論供並膤惘ー業科目) いくつかの事例研究を取り上げ、理論と実践の側面から具体的に検討・考察します。

ゼミ

本ゼミは“楽しく学ぶ“をモットーにしています。3年生のゼミではスポーツに留まらず様々な角度から社会事象を考察していきます。数冊の本を精読し調査して発表する「なりきり演習」という変わった内容も行っています。またプロスポーツの観戦、他大学やとの合同ゼミやゼミ旅行も人気です。他ゼミよりも回数の多い飲み会も…。
大学時代にいろいろな人と出会い、多様な経験をすることは、大きな財産になることでしょう。

地域貢献活動の紹介

小学校教員、陸上選手などが一緒になって、広島市立大学のトラック&フィールドで月1回、小学生の陸上教室を開催しています。学生もボランティアとして協力しています。
私自身、かつて走り高跳びの選手でしたので、県内のハイジャンパーが時々練習に来ます。そのことは、学生たちにも良い刺激になっていると思います。


ページの先頭へ