研究/教員紹介

教員と専門分野一覧

■氏名
関村 誠
ライン
■職名
教授
ライン
■専門分野
美学、哲学
ライン

美学・哲学を専攻。ブルゴーニュ大学でDEA(哲学)、東京芸術大学で博士(美術)、ブリュッセル自由大学で哲学博士を取得。古代ギリシアのプラトン哲学を美学的見地から研究している。造形芸術全般に強い関心を持つ。著書に『像とミーメーシス、プラトンからの美学』勁草書房 1997年、Platon et la question des images, Ousia, Bruxelles, 2009

主たる担当授業科目

美学機Ν 西洋美学は、18世紀に学問としての地位が確立されたが、美学的思索そのものは、理想的美が論じられ、芸術文化の栄えた古代ギリシアに源流をもっている。この講義では、古代ギリシアからの美学思想の概説を通じて、美・模倣・現れなど芸術に関わる基本的な諸問題、空間意識の多様性を考察し、芸術活動の意義や人間の美意識や感性についての理解を深めていきたい。

ゼミ

美学、芸術文化の諸問題について文献の講読と討論をおこない、受講生の理解を深め、問題意識を明確にする。具体的な研究テーマは、受講生と話し合って決める。

著書

著書 出版年 出版社
Platon et la question des images Platon et la question des images 2009年 Ousia, Bruxelles
像とミーメーシス、プラトンからの美学 1997年 勁草書房

ページの先頭へ