トップ  >  研究/教員紹介  >  刊行物の紹介  >  刊行物の紹介

研究/教員紹介

刊行物の紹介

国際学部叢書について
「大学の使命は教育と研究にあります。教育と研究の融合としての成果を還元することは、学生に対してだけではなく、知識の交流として、広く社会に対しても期待されています。とりわけ、社会的問題が次々と生まれる今日のような状況にあっては、その多くに地域、民族、国家を超えて地球規模で解決していかなければならないものが含まれているといっても過言ではないでしょう。
本叢書は、主に人文・社会科学を専門とする本学部教授陣が執筆したものを、学内外の多くの人びとに広く読んでいただき、知識の交流をはかろうとするものです。
本学部の教育・研究を通じて生まれた成果を広島市立大学国際学部叢書として長く時間を超えて記録することは、私たちにとっても励みであり、本学部がより充実・発展していくための原動力となります。一人でも多くの方々が、この私たちの叢書に関心をもっていただき、本学部の将来に資する率直なご意見をくださることを心より期待してやまないものであります。」

「刊行にあたって」より 2008年3月21日 国際学部長 大東和武司

国際学部叢書 1

書名 現代アジアの変化と連続性 現代アジアの変化と連続性
編者 広島市立大学国際学部現代アジア研究会
著者 齋藤哲郎、鈴木健人、大東和武司、金栄鎬、宇野昌樹、オマール・ファルーク、池田慎太郎、吉田晴彦、板谷大世
出版年 2008年
出版社名 彩流社

国際学部叢書 2

書名 多文化・共生・グローバル化 多文化・共生・グローバル化
編者 広島市立大学国際学部国際社会研究会
著者 二村英夫、潮崎智美、大野亜由未、野崎亜紀子、柿木伸之、金谷信子、大庭千恵子
出版年 2010年
出版社名 ミネルヴァ書房

国際学部叢書 3

書名 HIROSHIMA & PEACE HIROSHIMA & PEACE
編者 Carol RINNERT, Omar FAROUK & INOUE Yasuhiro
著者 Nassrine AZIMI, Omar FAROUK, FUKUI Haruhiro, Brien HALLET, HIGASHINO Atsuko, INOUE Yasuhiro, Robert JACOBS, KAMIMURA Naoki, KAZASHI Nobuo, KIM Mikyoung, Christian LE DIMNA, Yulia MIKHAILOVA, MIZUMOTO Kazumi, MOMOSE Hiroshi, NAKASHIMA Masahiro, Carol RINNERT, TAKEMOTO Mariko, Yuki TANAKA, Ulrike WOHR, YUASA Masae
出版年 2010年
出版社名 Keisuisha

国際学部叢書 4

書名 日中韓の伝統的価値観の位相 日中韓の伝統的価値観の位相
編者 欒竹民・飯島典子・吉沅洪
著者 欒竹民、常志斌、施暉、李成浩、秀茹、飯島典子、金愛慶、張平、徐明淑、吉沅洪
出版年 2012年
出版社名 渓水社

国際学部叢書 5

書名 Japan’s 3/11 Disaster as Seen from Hiroshima:A Multidisciplinary Approach Japan’s 3/11 Disaster as Seen from Hiroshima:A Multidisciplinary Approach
編者 HCU 3/11 Forum
著者 ARAKAKI Osamu, KANAYA Nobuko, KIMURA Naoko, Yulia MIKHAILOVA, Sergey TOLSTOGUZOV, NAKASHIMA Masahiro, OHTOWA Takeshi, Jinyu A. KAYAMA, OTA Ikuko, TERAUCHI Mamoru, TERAUCHI Kaede, Ulrike WÖHR, Charles WORTHEN, YUASA Masae
出版年 2013年
出版社名 創英社/三省堂書店

教員の著書

職名 氏名 刊行物 出版年 出版社
教授 青木 信之 英作文推敲活動を促すフィードバックに関する研究―推敲過程認知処理モデルからの有効性の検証 - 渓水社
教授 赤星 晋作 新教職概論 新教職概論 2008年 学文社
アメリカ教育の諸相―2001年以降 アメリカ教育の諸相―2001年以降 2007年 学文社
学校・地域・大学のパートナーシップ―ウェスト・フィラデルフィア改善組織(WEPIC)の事例研究 学校・地域・大学のパートナーシップ―ウェスト・フィラデルフィア改善組織(WEPIC)の事例研究 2001年 学文社
学校教師の探究 学校教師の探究 2001年 学文社
生徒非行と学校・教師〜教育学的観点からの考察〜 1996年 中川書店
アメリカ教師教育の展開〜教師の資質向上をめぐる諸改革〜 1993年 東信堂
教授 井上 泰浩 メディア・リテラシー 媒体と情報の構造学 メディア・リテラシー 媒体と情報の構造学 2004年 日本評論社
Cyber Election Campaigning: U.S. Presidential Election 2000. Cyber Election Campaigning: U.S. Presidential Election 2000. 2003年 Hiroshima, Japan: Keisuisha.
教授 金 栄鎬 日韓関係と韓国の対日行動−国家の正統性と社会の「記憶」− 日韓関係と韓国の対日行動−国家の正統性と社会の「記憶」− 2008年 彩流社
現代韓国の社会運動:民主化後・冷戦後の展開 現代韓国の社会運動:民主化後・冷戦後の展開 2001年 社会評論社
教授 佐藤 深雪 綾足と秋成と──十八世紀国学への批判 1993年 名古屋大学出版会
教授 関村 誠 Platon et la question des images Platon et la question des images 2009年 Ousia, Bruxelles
像とミーメーシス、プラトンからの美学 1997年 勁草書房
教授 渡辺 智恵 The Economistの記事で学ぶ「国際金融」と「英語」 The Economistの記事で学ぶ「国際金融」と「英語」 2000年 日本評論社
The Economistの記事で学ぶ「国際経済」と「英語」 The Economistの記事で学ぶ「国際経済」と「英語」 1998年 日本評論社
准教授 飯島 典子 近代客家社会の形成 「他称」と「自称」のはざまで 近代客家社会の形成 「他称」と「自称」のはざまで 2007年 風響社
准教授 柿木 伸之 共生を哲学する──他者と共に生きるために 共生を哲学する──他者と共に生きるために 2010年 ひろしま女性学研究所
ベンヤミンの言語哲学──翻訳としての言語、想起からの歴史 ベンヤミンの言語哲学──翻訳としての言語、想起からの歴史 2014年 平凡社
パット剥ギトッテシマッタ後の世界へ――ヒロシマを想起する思考 パット剝ギトッテシマッタ後の世界へ――ヒロシマを想起する思考 2015年 インパクト出版会
准教授 金谷 信子 福祉のパブリック・プライベート・パートナーシップ 福祉のパブリック・プライベート・パートナーシップ 2007年 日本評論社
准教授 城市 真理子 室町水墨画と五山文学 室町水墨画と五山文学 2012年 思文閣出版
准教授 武藤 彩加 福祉のパブリック・プライベート・パートナーシップ 日本語の共感覚的比喩 2015年 株式会社
ひつじ書房
福祉のパブリック・プライベート・パートナーシップ ことばは味を超える−美味しい表現の探求
(共著)
2003年 海鳴社
福祉のパブリック・プライベート・パートナーシップ 「おいしい」感覚と言葉 食感の世代
(共著)
2010年 株式会社B/M/FT出版部

ページの先頭へ