トップ  >  授業の特色  >  5つのプログラム  >  国際ビジネスプログラム

授業の特色

国際ビジネスプログラム

国際ビジネスプログラム コミュニケーション上の諸問題を学び、外国語の実践能力を高める

これまでの経営学や経済学の領域でとらえられてきた問題を、

国内的・国際的な幅広い視野と、

文化的・社会的・政治的環境との相互関係においてとらえ、

問題発生の予防にもつながる

総合的な解決ができる問題解決型の学生を育みます。

国際ビジネスプログラム

科目群

科目紹介

多国籍企業論(大東和 武司 教授)
私たちが身近に接している多くの企業が今日では自国だけでなく、他の国に生産拠点をもち多国籍企業として活動しています。多国籍企業を取り巻いている文化、政治、経済環境などの影響を踏まえながら、外国に工場を設置するメリット、文化や習慣の違いへの対応、複数国での社会貢献など、単なる国内経営とは異なる経営を考えてみましょう。
マーケティング論(李 玲 講師)
マーケティングとは、売れるものを作り、販売することです。つまり、販売はマーケティング活動の一部分にしかすぎず、いかに売れるものを作るかはマーケティングの本質だと言えます。マーケティングが必要とされる歴史的な背景、企業経営におけるマーケティングの役割を踏まえながら、売れる仕組みを作るためのマーケティングの諸戦略について考えてみましょう。
国際経営論
異なる文化や政治、経済、地理的な環境からもたらされうる不利益にも関わらず、国境を越え、ビジネスを展開する企業は増えつづけております。本科目ではなぜ企業経営に国際化が図られているのかについて探求するとともに、身近な日本企業の海外進出のケースについて学びます。
国際金融論
経済の自由化、グローバル化が進み、巨額マネーが国境を越え、ネットワークを通じて取引されています。円とドル、ユーロなど通貨交換も活発です。こうした国際金融の仕組みや市場取引のリスク、またそのリスクの回避方法など、具体例を挙げながら一緒に考えていきます。


ページの先頭へ